ABOUT DRAW A LINE – ドローアラインとは

ABOUT

DRAW A LINE

「DRAW A LINE」は、突っ張り棒のトップメーカーである平安伸銅工業と、クリエイ ティブユニット「TENT」とのコラボレーションブランドです。
これまでは単に便利グッズとして扱われがちだった突っ張り棒を、暮らしを豊かにする「一本の線」として再定義し、そこからはじまる新しいライフスタイルを提案します。

一本の線からはじまる新しい暮らし

そこに一本の線を引くだけで、いつもの景色が自分色に彩られる
そこに一本の線を引くだけで、新たな可能性が無限大に広がりはじめる
DRAW A LINE は、豊かな暮らしへのはじまりの合図です。

平安伸銅工業株式会社は、1952年に創業したメーカー 「突っ張り棒」のトップシェアメーカー。価格と機能を重視したアイディアグッズの開発を主力事業としている。暮らしづくりのパーツブランド「ラブリコ」の開発など、突っ張り棒の 技術を活かしながら時代に合わせた新しい暮らしの提案も行っている。生活者の目線と技術の力で、現代の「暮らしの問題」を解決し、世界中の人が毎日自分らしく、笑顔で暮らすことのできる住まいの実現を目指します。
2011年に治田将之(写真右)と青木亮作(写真左)の2人によって結成され活動を開始したクリエイティブユニットです。 高層ビルのような固定された強さではなく、テントのように自由で風通しの良い強さを目指して、創作活動を行っています。iFデザイン賞金賞、グッドデザイン賞 ベスト100など、受賞多数。


FEATURE

マットな質感と真鍮ネジの味わい

質感を高めるためRod本体には粉体塗装を施し、ネジ部分には使うほどに味わいのでる真鍮を採用しています。

20種のパーツで自由にカスタマイズ

ベースアイテムに合わせるパーツは20種類。パーツを自由にカスタマイズして、
デスクや照明、クロークなど自分らしい暮らしに寄り添うインテリアをつくることができます。

空間を立体的に活用

どこでも好きな場所にほんの少しのスペースがあれば置けるのが、DRAW A LINE の特徴。
パーツを組み合わせて立体的な収納がつくれるので、お部屋もすっきりした印象になります。

壁を傷つけない

壁の接地面にはEVAパッドを採用し、壁が傷つかない仕様に。
固定方法も突っ張り方式のため壁に穴を開ける必要がなく賃貸でも安心して使用いただけます。

インテリアに合わせて選べる2色

シックで高級感のあるブラックと、どんな場所にも合うクリーンでナチュラルな印象のホワイトをご用意。

もっと自由にどこへでも

新しく登場した Move Rod はキャスター付きワゴンタイプ。
シンプルさはそのままに、好みにカスタマイズしたインテリアをどこでも自由につれていくことができます。

ページ上部へ戻る