on Work Room 晩酌と本とDRAW A LINE

on Work Room 晩酌と本とDRAW A LINE

on your spaceではDRAW A LINEユーザーの、暮らしや働くことへの価値感、日々大切にされている「私らしい暮らし」をお届けします。

今回訪れたのは、漫画家として活躍されているコナリミサトさんのお仕事場です。

コナリミサト
漫画家。埼玉県出身。ファッション雑誌『CUTiE』(宝島社)への連載で漫画家デビュー。代表作に『凪のお暇』『珈琲いかがでしょう』『恋する二日酔い』『宅飲み残念少女ズ』など。2019年から『黄昏てマイルーム』をWebメディア「ダ・ヴィンチニュース」で連載中。キッチュな雑貨とお酒が大好き。

ー 漫画家さんになられたキッカケというのはあるのでしょうか?

コナリミサト ずっと漫画家になりたかった、というわけではないのですが、漫画を描くのは好きでした。社会人になったころは企業に就職したのですが、1人でする仕事の方が性に合っているなと思い、1人でもできることはないかなと考えたところ、漫画家という選択肢が出てきたという感じです。

ー 子どものころからずっとあこがれていた職業というわけではないんですね。ちょっと意外です。

コナリミサト 専門学校とかにも通ったわけではないんです。ただ、小学校の頃は交換漫画をよくしていましたし、絵を描くのは好きでした。けっして楽な仕事ではないんですけど、やはり「好き」という気持ちがありますし、自分らしい働き方にフィットしているというのが、続けてこられた理由かもです。

ー 普段、お仕事はどのようにされているのですか?

コナリミサト こんな感じでデスクで描いてますね。

ー パソコンやタブレットではなく、直接紙に描くんですね!

コナリミサト 下絵はアナログで、下絵をプリンターに読み込んでデジタルにしています。最近は全てデジタルで完結する方も増えてますが、私は姿勢が悪いからかフルデジタルだと肩がバキバキになるので、自分にとってやりやすい方法を試行錯誤している感じですね。

ー 初めてみました。スゴイ!ところで、コナリさんが影響を受けた漫画やジャンルはあるのでしょうか?

コナリミサト ラブコメが好きです!昔からずっと高橋留美子先生の作品が好きで、「らんま1/2」や「めぞん一刻」などにとても影響を受けています。お仕事場にも先生の本やグッズを置いて、いつでも眺められるようにしています。笑

ー たしかに。お部屋の中も高橋留美子先生の作品がたくさんありますね。他にも漫画グッズや雑貨がたくさんあって、何だか楽しいお仕事場ですね!

コナリミサト お部屋のレイアウトにはこだわりがあって、見える角度で違う景色になるように意識しています。どうしても仕事場にいる時間が長いので、気分転換するための工夫ですね。
あと、大好きなダルマの置き物や雑貨もたくさん飾ってます。昔からどうしてか、キッチュな物が好きなので自然と集まってきました。笑

ー 特にお気に入りのスポットなどはあるのでしょうか?

コナリミサト 休憩時間のおやつ用に作ったテーブルのスペースです。しっかり休憩できる時間とスペースを作ることで、休憩まで頑張るぞ!という気持ちで仕事にメリハリを付けています。大好きなコーヒーと一緒におやつを食べたり、お香を焚いたりしてほっこりする時間を楽しんでます。

ー ちょっとした癒しスポットを作るのってとても大切ですね。ところで、お仕事場ではDRAW A LINEをお使いいただいていますが、どうですか?

コナリミサト 備え付けの照明があまり好みではなかったので、DRAW A LINEとLamp Armで照明使いをしてますね。もともと暗かったんですけど、欲しい場所に灯りができてとっても満足しています。白熱色の電球なので、仕事以外で友達が来てくれた時などに落ち着いた雰囲気にできるのがいいですね。自作のマグネット雑貨もつけて自分好みのカワイイあつらえにしてます。笑

ー マグネット雑貨がカワイイですね。いつもご自身で作られるんですか?

コナリミサト はい。仕事の合間の気分転換につくります。100均の紙粘土なんですけど、胴体をつくって足を付けて、スプレーで着色してタコさんをつくっています。仕事で忙しい時や落ち着きたいときに、息抜きかわりに作ったりするので、たくさんできますね。笑

ー なんだかコナリさんらしくて、とっても素敵ですね。もう一つ、今回はMove RodとBook Standもお使いいただいてますね。

コナリミサト そうですね。先ほどのLampの足元にくつろぐスペースがあり、ソファクッションを置いているんですけど、ちょうどサイドテーブルが欲しかったんです。そこにMove RodとTableで食べ物を置くスペースにしてます。

ー さっそく、お寿司とビールを置いていただいてますね。笑

コナリミサト そうそう。笑 こんな感じでほっこりしたいなと思って用意しちゃいました。お寿司を食べたあとは、Book Standに飾ってある本を、お酒を飲みながら読んだりするのが、いいかな~なんて思います。

ー どちらもコナリさんらしい使い方でとてもステキですね。何事にも少し自分なりのアレンジを加えて楽しんでいる感じがします。

コナリミサト DIYも好きなので、色々自分で手を加えますね。完成品をもってくるのもいいんですけど、自分で手を加えるとより愛着がわきますし、何より仕事の気分転換にもなります。

ー ありがとうございます。最後に、コナリさんが自分らしい暮らしや心を豊かに日々過ごすために大切なことは、どんなことですか?

コナリミサト う~ん。力を抜ける時間を意識的に作ることですかね。1人でいる時間も長いですし、定時があるわけでもないので、自分で休憩時間や気分転換をしっかり作らないと長続きしないと思うんです。
なので、お香を焚いたり好きなフレーバーのお茶を飲んだりする時間を、一日の中に用意してます。
あと、お酒を飲んだり人と話す時間も大事なので、夜に友達とご飯に行く予定を入れたりします。仕事もそこまでに区切りをつけるようにガッツリ取り組んで、仕組みで自分をコントロールしてます。笑

ー あらゆる仕事に通じるコツかもしれませんね。お話を聞かせていただきありがとうございました!

晩酌と本のお供セット

晩酌と本のお供セット 単品

関連記事

ページ上部へ戻る