このWebページ ドロー ア ライン オン ユア スペース は、DRAW A LINE の開発を手掛ける平安伸銅工業が、DRAW A LINE を実際に使っている様々な人の暮らしを辿り、その人ならではのオリジナルな組み合わせについてお話を伺うページです。

第9回となる今回は、journal standard Furniture渋谷店でスタイリストをされている梁川雅光(ヤナガワマサミツ)さんに、グッドライフ,グッドリビングをテーマにおすすめのDRAW A LINEの使用事例を紹介していただきます。

journal standard Furniture

時流を加えたファッションのようなスタイルを提案するJOURNAL STANDARDのインテリアショップ。
ヴィンテージを今に解釈したスタンダードなオリジナルアイテムと、トレンドが感じられる国内外の旬なブランドを組み合わせたテイストミックスのスタイル提案を得意としています。

■公式サイト:http://js-furniture.jp
■店舗一覧:https://baycrews.jp/store/list?brand=0028
■Instagram:https://www.instagram.com/js_furniture

「家の中心はリビング。そこが心地よくなくちゃいい暮らしは送れない!
本を読むには手元を照らす明かりが欲しいし、ハンドドリップで淹れたコーヒーも置きたい。
仕上げに植物をかければそれだけで心地よいリビングの完成!」

(左)DRAW A LINE / Tension Rod C ブラック ¥5,940(税込)
(中央)キッチンカウンター / CHRYSITIE KITCHEN COUNTER \130,000(税別)
(右下)ソファ / LAVAL SOFA 2P ¥210,000(税別)
(下)ラグ / Taza RUG 140*200 ¥22,000(税別)

 

ランプ / 202 Lamp Arm L ブラック \17,200(税込)
ランプシェード / 203 Shade ブラック \4,104(税込)

 

フック / Hook B ブラック \2,160 (税込)

 

テーブル / Table A ブラック \4,860(税込)

ぜひ参考にしてみてください!

TOP