【スタイリング事例】寝室で使うDRAW A LINE

Styling atでは、DRAW A LINEを使ったスタイリングをみなさまにお届けいたします。

今回は寝室でのスタイリングのご提案。

家の中で最も自分らしくいられる場所といえば、寝室ではないでしょうか。

普段誰かに見せる場所ではないからこそ、その人らしさや価値観が色濃く現れる場所とも言えます。

そんな寝室で、夜寝る前から朝起きるまでに過ごす時間は、よりリラックスできる空間に整えたいものです。

ベッドサイドテーブルとして使いたい

ベッドサイドテーブルとしてのDRAW A LINE
DRAW A LINEテーブルの上の本とiPhone

ベッドに入ってもなかなか寝付けない、そんな夜はスマホではなく本を。
いつでも手が届く範囲にお気に入りの本を置いておけば、寝つけない時間も心休まるリラックス時間に変わるはずです。
寝る前のスマホは余計に寝付けない原因にもなるようなので、手に届く場所に置いて、できるだけ通知はオフに。

【使用商品】

Tension Rod C / White
Table A / White
Hook A / White
Tray / White

ライトで寝室の雰囲気を変えたい

DRAW A LINEランプ
DRAW A LINEランプ

ライトを変えるだけで、寝室の雰囲気が早変わり。
さらに暖色の電球を使えば、お部屋も柔らかな雰囲気になりリラックス効果も高まります。
照らしたい場所を自由に決めることが出来るので、明るすぎず暗すぎず、適度な明るさで、おやすみまでのリラックスタイムを演出してくれますよ。

【使用商品】
Tension Rod C / White
Lamp Arm L / White 
Table A / White
Hook A / White
Tray / White

足元を照らす灯りを置きたい

ベッド脇のDRAW A LINE

深夜目が覚めたとき、灯りが枕元にあると安心です。
お気に入りのランプをTableに載せるとベッドサイドランプにも早変わり。
他にも自分が安心するものを揃えて、毎日のおやすみタイムを満喫してください。

【使用商品】
Tension Rod C / Black
Tray / Black
Table A / Black

ベッドサイドテーブルを動かしたい

ベッド脇のDRAW A LINE Move
DRAW A LINE Move

動かせるタイプのMove Rodなら、サイドテーブルをすぐに移動させたり、回転させ気軽に向きを変えることが出来ます。
掃除をする時も、模様替えの時も、気分で違うお部屋で使いたい時も、どこでも自由自在。
朝目覚まし時計を止めるために起き上がらないといけない時だって、すぐ脇にMove Rodを置いておけばすこしズボラできちゃいますね。

【使用商品】
Move Rod / White
Table A / White
Tray / White

朝は余裕を持って準備をしたい

DRAW A LINEに服を掛ける

朝の準備がスムーズだと、一日をより良い気持ちでスタートすることが出来ますよね。
夜寝る前に次の日の洋服をDRAW A LINEに掛けておくのはいかがでしょう?
朝の時間は1分1秒でも惜しいもの。少しでも時間の余裕を持って、気持ちの良い毎日を送れますように。

【使用商品】
Tension Rod C / Black
Table A / Black
Hook A / Black

寝室はもっと、落ち着ける空間に

DRAW A LINEを置くことで、いつもの寝室がよりリラックスできて自分らしくいられる空間になれば幸いです。

それでは、次回もお楽しみに。

関連記事

ページ上部へ戻る