突っ張り棒で、押し入れがクローゼットに大変身!

皆さんこんにちは!つっぱり棒研究所です。

突っ張り棒の可能性を広げる“棚使い”や、狭いスペースを有効活用できる”縦使い”についてお伝えしてきましたが、今回はお悩みの多い収納エリアに特化して突っ張り棒の魅力をお伝えしたいと思います。

さて今回ご紹介するエリアは・・・

ずばり、押し入れです!

押し入れに取り付けた突っ張り棒

仕切りのない、だだっ広い押し入れ。

収納力はあるはずなのに、自宅の押し入れにぴったり使える棚を探すのも大変。空いている空間をうまくいかして収納するのが難しい場所でもありますよね。どう活用しようか悩んだ末に手を付けられていなかったり、そんなご家庭も多いかと思います。

特に、洋服の収納には頭を抱えるのではないでしょうか?

畳んで収納するにも場所を取るので限界がありますし、そもそも畳めない洋服もあったり。

ましてや家族が多いと余計に大変ですよね。大きな洋服箪笥を購入し収納できたはいいけれど、居住スペースがえらく手狭になってしまった・・・なんてことも。

そんなお悩みをお抱えの方。もう大丈夫です!

これを機に突っ張り棒を活用することで、押し入れの収納をクローゼットのように変身させちゃいましょう。

押し入れで突っ張り棒を使うと、こんなに良いことが

いいこと その① 押し入れのデッドスペースを有効活用できる

押し入れは、布団を入れられるほどの広い収納スペースです。そのスペースが余っている・もしくは有効活用できていないとしたら、とてももったいないですよね?

突っ張り棒やラックなどを利用してスペースを区切ってあげることで、押し入れの奥行など、活用できていなかったデッドスペースが使いやすくなりますし、見た目もスッキリさせることができます。

同時に心もスッキリしちゃうかも!?

いいこと その② 収納の追加や模様替えもカンタン

突っ張り棒は、簡単に取り付け&取り外しができるのも嬉しいポイントですよね。

物が増えたら突っ張り棒ですぐに収納棚を増やしたり、大掃除をして物が減ったら一度外して突っ張り棒を片づけるということも可能です。

ライフステージに合わせて、収納スペースも作り変えていきましょう!

いいこと その③ 収納を制する者が洗濯を制する!?

洋服を洗って乾燥させるところまでは、ドラム式洗濯機を使えば時短することも可能ですが、畳んで収納するという流れはなかなか短縮することが難しいですよね。(世の中の主婦(夫)のみなさんお疲れ様です。涙)

なので、畳まなくてもいい洋服はそのまま掛けられるようにして、少しでも家事を時短しちゃいましょう!

押し入れ使いに便利な突っ張り棒

ここからは、押し入れで使うと便利な突っ張り棒を紹介します!
突っ張り棒だけではなく、押し入れ収納グッズとして他にも便利な商品があるので、チェックしてみてください。

強力極太タイプの突っ張り棒

強力極太タイプの突っ張り棒

なんと言っても、まずは強力なジャッキ式の突っ張り棒!こちらの突っ張り棒は、113cmで使った場合耐荷重65kgまで可能なので、重めのアウター1.5kgとすると、約40着は収納可能ということになります。

押し入れの壁は弱い場合が多いので、キャップ面積が比較的大きいこちらの商品で壁面への負担軽減が期待できます。ハンガー収納なので、押し入れの多少奥に入っても取り出しやすいのもいいですね!
(※ 取り付けの際はなるべく桟などの下地の強い場所に取り付けるのがコツです。)

押入れスライドハンガー

押入れスライドハンガー

押し入れの奥行きを活かして突っ張るタイプのものです。洋服を引っかける部分はスライドできるため、奥の洋服もラクラク取り出せます。こちらの写真は突っ張るタイプですが、ねじで固定するタイプもありますよ。

突っ張り伸縮押入れハンガー

突っ張り伸縮押入れハンガー

2本の突っ張り棒を縦に突っ張り、横にポールを渡して使用します。横幅の長さは70~120cmまで伸縮可能なので、押し入れのスペースにあわせて調整できるのがポイントですね。
しかも、押し入れの横幅方向にも、奥行き方向にも使えるので、収納ケースの横に設置したりと色々な組み合わせができるアイテムです。

押入れ用強力支え棒

押入れ用強力支え棒

突っ張り棒は正しい使い方をすると安心して使えるアイテムですが、押し入れだと壁が空洞の場合もあり、つっぱる壁が弱かったりすると効果が発揮できないときがあります。
どうしても不安というときには、こちらの支えポールを活用しましょう。下から直接支えてサポートするのでこれがあるとたくさん洋服をかけても非常に安心です。

ハンガーパイプ付き押入れ収納棚

ハンガーパイプ付き押入れ収納棚

突っ張り棒ではありませんが、押し入れにちょうどすっぽり入る収納棚です。ハンガーパイプが付いているので、ラックと突っ張り棒を別々に購入する必要もなく一石二鳥!
また、こちらのタイプは伸縮式なので、ご自宅の押し入れスペースにあわせて幅を調整してフィットさせることが可能です!簡単に棚が設置できるのは嬉しいですよね。

押入れ用スラックスハンガー

押入れ用スラックスハンガー

押し入れ下段の収納力を更に底上げできるのが、こちらのスラックスハンガー。スラックスハンガーという名前ですが、スラックスだけではなくマフラーやタオルなどを掛けて収納することも可能です。
足元にはキャスターが付いているので、取り出しやお掃除もカンタンなのが嬉しいポイント!

突っ張り棒で押し入れの収納力アップを

押し入れをクローゼットとして変身させるイメージは沸きましたか?

これを機に、一度押し入れの中身を全て取り出し整理しなおしてみるのはいかがでしょうか。ぜひ突っ張り棒を使って、押し入れを有効活用してみてください!

では、また次回お会いしましょう~!

▼ つっぱり棒研究所チャンネル ▼ 

突っ張り棒分野の情報発信を行うYouTubeチャンネルです!
つっぱり棒の正しい知識、活用術などのコンテンツを楽しくわかりやすく配信しているので、是非ご覧ください♪

関連記事

ページ上部へ戻る