平安伸銅工業

さあ、暮らす替え

“この週末は、みんなで一緒にご飯を作ろうよ”
“小学生になる娘に、勉強する場所を作ってあげたいな”
“定年後の趣味に、油絵を始めてみようかな”

そんな暮らしを叶えよう。
いつでも気軽に、自分たちの手で。
リビングをキッチンに、ダイニングを勉強部屋に、寝室をアトリエに。
家の中を私らしい空間へ変えていく。

私たちは、これに「暮らすがえ」と名前をつけました。

「暮らすがえ」のその先に
大好きなモノに囲まれた暮らしが
大切な人と幸せに過ごす暮らしが
あなただけの「私らしい暮らし」が待っている。

平安伸銅工業は、誰もがそんな暮らしを叶える未来を目指しています。

暮らすがえジャーナル

「組織を変えて価値提供を最大化する」オープンポジションを取り入れた執行役員の挑戦

こんにちは、暮らすがえジャーナルです。 今回は、6月から執行役員に就任した羽渕のインタビューをお届けします。 自身で会社を経営しながら、平安伸銅工業の執行役員にコミットした羽渕。 彼の思いや、新たに始まったオープンポジションについて語ってもらいました。

“経営者が既存業務を手放し、社外執行役員を迎える”ことは必然だった?平安伸銅工業のネクストステージ。

こんにちは、暮らすがえジャーナルです。 今回は、平安伸銅工業の中のお話。 先日行われた全社総会で、経営者の竹内香予子とその夫の一紘が、既存業務を「手放す」とメンバーに宣言。新しい組織体制にすると発表しました。 新たに執行を任された執行役員は、平安伸銅工業の社員ではなくreborn株式会社の代表、羽渕。 そこにはどういった意図があったのか、平安伸銅工業はこれからどこを目指していくのか、その真意を3人に聞きました。

「新しい人や物語に出会いたい」脱サラ古物商が”癖品(くせじな)”を集める理由

こんにちは、暮らすがえジャーナルです。 滋賀県八日市の閑静な住宅地の中にある古物ショップ「延命ランド」 階段をあがり、ドアを開けると素敵な古着から独特なオブジェ、はたまた誰かの顔写真が入ったマグカップまで「なんだこれ?」と言いたくなるような、”癖品(くせじな)”が並んでいる。 オーナーの猪熊さんはサラリーマンを辞めてこの古物ショップを始めたのだそう。 一見すると暮らしには「要らないモノ」かもしれないアイテムたちをどうして集めているのか、お話を伺いました。

「私たち家族に合うスタイルを探し続けていく」3兄弟の成長を見守るマルサイさんの”暮らすがえ”

こんにちは暮らすがえジャーナルです。 今回は、漫画家のマルサイさんにお話を伺いました。 子育てのようすや日々の暮らしを綴ったコミックエッセイが人気を集めるマルサイさん。 現在は2LDKのマンションでご主人と3人のお子さんと5人暮らし。 男の子3兄弟を育てながら、2LDKで快適に暮らすために、色々な試行錯誤を繰り返してきたんだそう。 一体そこにはどんな暮らすがえがあったのでしょうか。

私たちについて