サステナビリティへの取り組み

平安伸銅工業では、弊社が掲げるビジョンと共に、ひとりひとりが花開く社会を目指し、サステナビリティに取り組んでいます。

女性のエンパワーメント

弊社では、パート社員の正社員登用を積極的に推進しております。特に育児でキャリアから離れてしまった女性が、時短勤務での入社を経て、段階を追って正社員としてキャリアアップするなど、個々の状況に応じて柔軟な雇用機会を提供しています。女性メンバーの雇用率は竹内香予子社長就任前の8年前と比べ、女性6名が39名へ。全体に対する比率は30%→54%となりました。(2022年時点)

育休後も働きやすい環境作り

女性の出産による育休制度はもちろん、育休からの復帰にも配慮しスムーズな業務復帰ができるようお互いサポートが行える風土があります。男性メンバーによる育休取得の利用実績もあります。育休取得から業務復帰するまでの復帰率は過去5年100%(2022年時点)となっており、これからも積極的な制度の利用を掲げ、働きやすい環境を作ってまいります。

ジェンダー平等への理解促進

あらゆる多様性を受け入れられる環境作りの一貫で、就業規則・慶弔見舞金の対象見直しを行いました。性別を限定する表記をなくすことや、婚姻関係では事実婚を含めた内容に再定義するなど、多様性を重視した内容に改定致しました。制度改編においては、メンバーの議論を通して、様々な違いを認めることができる風土を醸成しています。

一人一人が働きがいのある組織へ

就業規則の改定は、トップダウンによる決めごとではなく、新卒メンバーからベテランメンバーまでが参加するプロジェクトチームで推進。メンバー自ら問題定義や改定案の作成を行いました。メンバー一人一人が自律的に考えて動くことができる、働きがいのある組織作りを目指しています。

災害対策への貢献活動

弊社では家具の転倒リスクを軽減する、家具転倒防止突っ張り棒(耐震ポール)を開発販売しています。耐震ポールの正しい取り付け方のレクチャーをはじめ、災害が起こる前に設置することへの啓蒙など、情報発信を行っています。弊社が培った突っ張り棒の技術を活かし、災害リスクの軽減に貢献してまいります。

変化に柔軟な対応ができる事業体制

2020年の新型コロナウイルス流行により、リモートワークの導入を迅速に実施致しました。2020年3月時点62%、2021年には80%、物流センター以外のメンバーはリモートワークを基本として勤務しております。2022年現在も継続中です。想定外の出来事や時勢にあわせて柔軟に就業形態を変化させ、持続可能な事業体制を構築しています。

平安伸銅工業の取り組みとSDGsとの関連

「SDGs(持続可能な開発目標)」とは、2015年9月の国連サミットにおいて採択された、2030年までに地球規模で解決すべき17の目標と169のターゲットのことです。
当社もサステナビリティへの取り組みを通じてSDGsの達成に貢献致します。

ページ上部へ戻る