トップメッセージ

平安伸銅工業株式会社は、1952年大阪市の十三で銅を加工する町工場としてスタートしました。
当時、多くの人が戦災で家財を失い、誰もが安心して暮らせる住宅を大量に供給することが日本中で求められていました。創業者である私の祖父は銅の加工の仕事をしながら、他社に先駆けてアメリカからアルミサッシの製造技術と工作機械を輸入。大工さんが現場で手作りする木サッシに代わる商品として、日本中にアルミサッシを普及させました。
二代目の父の代になるとアルミサッシの事業は成熟期を迎え、新しい事業へと軸足を移すこととなりました。
1970年代に住宅供給が落ち着きを見せ始めると次に課題となったのは、都市部への人口密集と手狭な住環境の改善でした。父は、アメリカでシャワーカーテンを吊り下げる道具として使われていたテンションポールを、ネジやクギを使わず収納空間を増やすことが出来る収納用品「突っ張り棒」として用途提案。ホームセンター等のチェーンストアの発展とともに突っ張り棒を使った新しい暮らしを日本中に普及させました。
2010年、私は三代目として家業に入り、ある「共通点」に気付きました。
それは、綿々と受け継がれるビジョンでした。時代に合わせて手段を変えながらも、「アイデアと技術で暮らしを豊かにする」ことを、一貫して取り組んでいることでした。私もこの創業からのビジョンを受け継ぎながらも、祖父や父がしたように時代に合わせて変化していくことを続けたいと思っています。
私たちは今、成熟した社会で暮らしています。モノ余りの時代となり、物質的な豊かさより、精神的な豊かさへ重要度が高まりつつあると感じています。
では、精神的な豊かさとは何か?と考えたときに、私はその答えは「私らしい暮らし」ではないかと考えています。一人ひとりが自分らしく自然体で過ごせることで、今の時代に合った「豊かな暮らし」を実現できるのではないでしょうか。
また、世界に目を向けると、アジアやアフリカ等の経済発展に伴い、都市生活者の人口は、今後も増加の一途をたどるといわれています。都市生活をいかに豊かにするかは、日本が先駆けて経験してきたことです。私たちも突っ張り棒を通じて、都市生活の質向上に貢献してきました。この経験を世界中の都市化が進む地域へ展開していけるのではないかと考えています。
私は、創業から受け継いできたビジョンに、「私らしい暮らし」と「世界へ」を加えることにしました。
アイデアと技術で「私らしい暮らし」を世界へ
このビジョンを、平安伸銅工業に集ってくれた仲間たちとともに、実現していきます。そして一人ひとりの笑顔が花開く社会を築いていきます。
代表取締役 竹内 香予子